About Generic Solution
単純作業から解放し、
人間をより創造的にする。
2006年から始まった私たちの歴史。それはデータから意味を見出すマイニング技術からスタートし、 次に膨大なデータを効率的に処理するビッグデータ解析技術へ。そして、これらを実社会で応用してきた歴史だ。 応用の範囲も教育から流通・小売、金融へと広がり、着実に成果を上げてきた。
一方、創業から10年が経過する間に、実社会やビジネスを取り巻く環境は大きく変わった。 地球全体のデータ量が爆発的に増えているからだ。一説によれば、全世界のビジネス・データの量は、すべての企業全体で 1.2年ごとに倍増していると言われている。今後、社会のIoT化が進展すれば、状況はさらに加速していくだろう。 データをより有効に活用していくためには、高精度かつスピーディな分析がさらに求められる。
こうした状況のなかでゼネリックソリューションがめざすのは、コンピュータシステムにインテリジェントな機能を持たせ、状況や文脈に応じた思考を 行うようにさせることだ。そこで、ポイントとなるのが人工知能である。私たちが人工知能を活用するのは、アトムやドラえもんのような人型ロボットを つくるためではない。「成果の達成に向けて、自律的に成長する技術」それが、私たちの定める人工知能の定義だ。そしてこの技術を使い、 これまで人間の経験則や勘に頼っていた知的タスクを自動化し、ビジネス上の意思決定に確かな判断基準を提供することを使命としている。 「自動化の未来」が実現されれば、人間は単純な作業から解放され、その先には人がより「人にしかできない」、より創造的なことに専念することができる世界が待っている。
人類の叡智が創造的な活動に集中されたとき、社会はより豊かな方へ、進化を遂げていく。私たちはそのために生まれ、そのために生きていく。 研究と開発をどこまでも追及する、テクノロジスト集団である。まだ誰も解けていない課題に向き合い、挑み続ける。新しい時代をつくろうと 果敢に挑む企業のパートナーとして、イノベーションを起こしていく。

会社概要

社名 ゼネリックソリューション株式会社<Generic Solution Corporation>
本社 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル 4F
TEL/FAX 03-6416-9015(代表)
設立 2006年12月28日
資本金 4億5585万円 (資本準備金) 4億4490万円
役員
  • 代表取締役小西 亮介
  • 取締役安藤 亮一
  • 社外取締役茂田井 純一
  • 常勤監査役小山 由紀夫
  • 非常勤監査役喜藤 憲一
  • 非常勤監査役小泉 始
事業内容
  • 1. 情報検索と機械学習に関するソフトウェア製品 「GS8」の販売と分散コンピューティングサービス提供
  • 2. データモデル設計 / データ分析に関する、アナリティクス業務
主要取引銀行 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、千葉銀行、興産信用金庫